個人事業主と株式会社の代表取締役では責任の程度に違いはありますか?

株式会社の社員(株主)となる者の責任は出資金額を限度として有限責任ですが、個人事業主の責任は無限責任です。
個人事業では、融資を受ける場合は個人名義でお金を借りるので、個人事業が廃業した場合は、借りたお金は全額返済する責任が生じてきます。これを無限責任といいます。
株式会社の場合は、「法人格」という個人とは別の法律上の人格が存在するため、法人名義で融資を受けることになります。
法人が倒産し、法人名義の財産で法人名義の債務をすべて弁済できない場合でも、残りの借金を個人として返済する責任を負いません。つまり法人に出資した社員は、その出資した範囲内においてのみ責任を負えば足ります。

ただし、現実的には、我が国の金融機関(一部金融機関を除く。)は、中小企業に対する融資は代表取締役及びその家族にまで連帯保証人を求めてくることが一般的ですので、実質的には、個人事業主と同様、無限責任といえるかもしれませ